上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日、娘を勤め先に送った後、家人からお許しを頂戴して(汗)
久しぶりで雫石水系に向かう。
入る場所は以前、釣友のyuuさんに介助してもらいながら釣りしたところ。
坂道は新しく砂利が敷かれておりました。
愛車?を駐車スペースに止めて川を見ると既に餌釣り師さんが・・・・
声を掛けると「自分が来たとき、既にルアーマンと餌釣り師が数名いた」とか(大汗)
こりゃかなり厳しいかも~
餌釣り師さんに断りを入れ上流部に入渓。
手前から攻めるも反応なし(涙)
でも以前にyuuさんと来た時より水量が少ないので、今の私でも川の中ほどまで
立ち込めそうなので体と相談しながら危ない足取りで進む。
増水のせいで対岸にあったシェードが殆どなくなりポイントらしい箇所も限られてる感じ。
足元をしっかり固定して?いざ対岸のボサ下へなちょこキャスト(笑)
見事にボサの奥に着水。

続く・・・・・・(汗)

ルアーがスーッと沈んだ瞬間手応えが!!!!
心の準備が出来てなかったし、足元が踏ん張れない状態だったので
焦る汗る・・・・・
ロッドは流れの押しのせいもあり綺麗に弧を描いてる。
ロッドに心地よい感触・・・・・っとのんびりしてられん!
相手は走り回り下流の岩の陰に逃げ込む「やばい」
ラインが岩に擦れてるのがのが見える(汗)
一二歩前に出て強引に手前に寄せる。
魚影が見えて。ヤマメではない。岩魚の引きでもない。って事は「ニジマス」
悪戦苦闘しながら寄せるが、ここで「しまった」ネット忘れた(大汗)
走り回るニジマスをいなしながら岸へと向かうも汗だく。
下流で餌釣り師さんが「なにしてるん?」って感じの視線が感じられる(恥ず)
どうにか岸まで辿り着いてメジャーを当てると20センチ後半のサイズ。
やれやれである。

続く・・・・・
一息つきながら一服して下流を見ると例の釣り師さんも何やら良い形の魚を釣った様子。

さてさてと入渓し餌釣りさんの後を追うように釣り下がって行く。
大場所の岸際に遠投!
「ギャッ」根がかり?っと思ったら下流に向かってラインが走る。
ロッドがバットまで曲がるくらいの物凄い引きである。
「なんじゃーこれは!」相手は上流、下流とロッドを持ってかれるような走り。
いままで経験したことのない感じ。覚束無い足取りで私も移動する・・・・・「フッ」
バラシ・・・・・・

・・・・まっ、先行者がいたけどまずまず楽しめたから良しとしましょうか(笑)


相変わらずのピンボケ画像ですが・・・・(恥)
20120520124129.jpg
20120520114056.jpg
20120520113842.jpg

みなさん、ランディングネットとデジカメはお忘れなく(汗)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukabon.blog61.fc2.com/tb.php/201-8d896529
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。