上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅PCの調子がイマイチで、やっと記事を書ける環境になったので更新!

先日釣り友達のyuuさんにお願いしS川水系に行ってきました。
当日は「鮎の解禁日なので大場所などは混雑するだろうな」と道中話をしながら
最初のポイントに到着すると、案の定既に鮎釣り師の方々が先行してやんした
konnzatu.jpg
「これはまずい」との事で先を急いで上流部の大場所へ移動。
確かに大物が潜んでいそうな雰囲気がプンプンであります。しかし何度探っても一度「ギラッ」と
何かが川底で光っただけで反応なし
やはりプレッシャーが高いんろうかな~っと「ブツブツ」独り言を言ってたら下流でyuuさんのロッドが綺麗に弧を描いているではないか。「ウンコラショ、ウンコラショ」と近づいて行くと良型の綺麗な20セン千半ば位のヤマメ!! 厳しい状況なのに良型ゲットは流石である。1359.jpg

その後は全く反応がないのでポイント移動するも、「ウグイ」の洗礼を受け、またまたポイントを移動。
数箇所様子見を兼ねながら移動して、以前yuuさんと入り色んなドラマ?を体験した某所へ。
一先ず車の中で、朝飯兼昼飯を(奥様に感謝)そそくさと握り飯を食べ終わり一足先に川へ!
トロ場から何段か続く落ち込みの最初の落ち込み付近をアップクロスで通し大岩の前あたりでスピナーが反転して「キラッ」と光った瞬間に生物反応がロッドに伝わる。「来た!」
流れのせいも有るけれど結構いい感じ。軽くやりとりをしながら川岸にズリ上げてみると「ヤマメ」でありました。ryuyamame1.jpg

自分的には?????  「ここはイワナのポイントだったよな?」
何度も通っているけど今までヤマメと出会った事がなかっただけに釣れたのは嬉しいが?でありました。もっともヤマメが釣れる釣り方を今までここではしていなかっただけかも知れませんけどね

その後は本日最後のポイント移動で某所の堰堤に。本来であれば川に立ち込んで攻め込みたい所なのですが、今の私には無理は禁物。堰堤脇の護岸上から落ち込みの泡の中にスピナーを投げ込む。
中央から手前にとキャストを繰り返して護岸際の落ち込みの泡に中にスピナーを投げ込んだら
「ゴンッ」と当たりが
ryuuiwana1.jpg
結構走り回られ悪戦苦闘なにせ護岸の上からのやりとりなので冷や汗しきり。岸にズリ上げる事も出来なく「思い切って抜き上げるか!」と考えたけど、フッキングの具合も上からは見えず、護岸の上から抜き上げる勇気もなかったので、川に立ちこんでいるyuuさんに大声で「HELP!」
川の中をスパーマンの如く飛んで来てくれたyuuさん本当に有難う御座いました。

その後は疲れを癒す意味で温泉に行き「極楽気分」を満喫しましたとさ。「どんと晴れ!」

yuuさん今回も楽しませて頂き本当に有難う御座いました。次回も「よろしく哀愁」で~す


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukabon.blog61.fc2.com/tb.php/138-12e8dfa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。