上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渓流も終わってしまい、温泉にも行ってないしでネタがな~いっす。
っと思うまもなく・・・・来月からワカサギが始まる。
最近仕事で休日も休みがあまり取れなかったのを口実に一日に強制代休を取る事にしたのだ。ドーム船初日と言うのは経験がないので、どんな釣果になるかは「ワカ様」次第であるが、去年はかなりいい思いをしたので、淡い期待を持っております。今期からはドーム船も三隻になり、今まで以上にブーム到来の予感がするのは私だけではないと思います。
色んな方々に参加?してもらうのは良いと思う反面、モラル?ルール?は守って頂きたいと感じます。たとえばドーム船で去年嫌な思いをしたのが、お泊りコースの方が物を置いての場所取り、明らかに酒の飲みすぎによる周りの方々への不快な言動等々。遠方から来たからには釣果を上げた気持ちは百歩譲って分からなくも無いが・・・・・・。
やはり楽しく釣りが出来る環境はひとり一人の思いやり?気遣いではないだろうかね~。
スポンサーサイト
2007.10.09 温泉めぐり
昨日、一昨日と今年最後の?連休だったので家人へのサービスを兼ねて
温泉に行く事にした。時期的に少々早いかもしれないが紅葉狩りをしに
初日は夏油温泉目指して行く事にした。夏油高原では紅葉祭りが行われていたのでちょいと立ち寄る事に。結構な人手に家人と共にビックリしてると、次から次へと車が・・・・・。場内を一回りしてから露店を
覗きに。その中に「いのしし焼き」なるものに興味をそそられたので
串焼きを購入・・・・・しかし冷えてたせいなのか脂がキツイ!
口のなかに嫌~な味がいつまでも残って閉口(T_T)
口直しに「芋の子汁」やら何やらを食するが、全然口直しにならずでした。
その後、本来の目的地の夏油温泉に向うが山道が先日の大雨の影響なのか、いたるところで道路が崩落していた。ただでさえ狭い道路が益々狭くなって、対向車が来ると「汗汗」である。
冷や汗流しながらもどうにか目的地に着いたので、早速温泉に入りたく
某温泉の窓口に・・・・・「入浴したいのですが」「1000円です!」
「えっ?」「400円では?」「露天だけなら400円、内風呂と広間休憩込みなら1000円!」家人と共に顔を見合わせてしまうが、折角来たのだから内心不満ではあったが会計を済ませて、まずは内風呂に。
湯がぬるい!!!それと脱衣場、風呂場に手入れが良くない。
なんかな~と、ブツブツ思いながら広間で家人と待ち合わせ。
女風呂もぬるかったとの事。文句を言っても仕方ないので露天風呂に行く事に。家人は女性専用の露天に、私は一番奥にある渓流沿いの露天に入る。ここはまずまずの温度でしたので、少々ではあるが満足。
しかし家人の入った露天はやはりぬるかったとの事。
「湯冷めの前に風邪ひきそうだよ」とは家人の言葉。
帰りの車中、「もう来なくていいよね~」「んだよね」
楽しみにしていただけに、非常に残念でありました。

二日目
今日は先日ぶらりと立ち寄った葛根田川上流の温泉に。ここは自分的にも家人的にも気に入ってるところである。本当に小さな宿なんだけど
泉質といい、管理人?の対応といい、風景といい、気にいってる温泉施設?なのです。
少々遅い出発でしたが、途中?「あねっこ」に立ち寄って今晩の食材やら、昼飯などを購入。現地に着くとあいにくの雨にも関わらず先客の車がかなり・・・・。当日は降雨のため、お目当ての温泉玉子は無しとの事。少々ガッカリではあったが無料休憩室に入り、かけソバ食べながら
産直で購入した、まいたけの炊き込みを食する。このような施設の食物はあんまり期待しないほうがいいのだが、ここの、かけソバは量も味も期待以上でした。なんか気持ちが嬉しくなり満腹にもなったので
入浴することに。「?」降雨の影響なのか湯が白濁して温度も少々低い感じ。んでも昨日の某温泉と比較すれば、まったく問題なし。
ユック~リとそしてマッタ~リと湯に浸かってると、汗がジンワリ。
ここち良い汗である。
いい汗をかいて家人のと交代で休憩室でのんびりする。個室は分からないが、休憩室にはテレビなし、レジカセはあるがラジオは使用不可能?
世間の雑音は皆無で、屋根を叩く雨音のみ。こんな時間の過ごし方もありだよな~。家人いわく「渓流のシーズンになったら仲間とお泊りとかしたらいいんじゃない?」それもありかも。
来週は仕事で日曜出勤なので、再来週になるがその頃だと、紅葉も見頃かもなので楽しみである。
とうとう今期の渓流も昨日で終了。
本当は最終日には以前尺を出した某所と思っていたんだけどYUUさんから
かなり渓相が変わったとの画像が届いたので、先日kazuさんご一行と
行ったポイントへ。現着すると見覚えの有る高級車が(笑)
JAMESさんとご対面。例によって釣果は「ギン」との事。
JAMESさんは毎年恒例の儀式をしに移動との事でしたので、オニギリを
寄付しその場でお別れ。
早速下流部に移動して釣り上がる事にしたが先日よりは水位も下がり
見た目は「ヤマメ」が出そうな雰囲気タップリ。
下流部にある大岩後ろの「たるみ」をミノーが通過したとき生命反応が・・・・ヤッタ~っとやりとりしながら寄せてくると「ギン」(T_T)
いや~な予感が。その後どんどん釣り上がって行くものの、出てくるのは「ギン」「ギン」「ギン」ガックリして入渓ポイントへ引き返すと
ルアーマンが二名、話を伺うと全然駄目との事。
遅い朝食取ってるとYUUさんからメールがありこれからの出撃との事。
先日大物のライズが有ったとの話を聞いて仕切り直しして再度チャレンジしてみる事にした。先ほど入ったポイントより下流からとやろうと見てみると「餌釣り師」が数名。こりゃ駄目だと同じポイントから攻める事に。見ると何やら怪しげな「ライズ」が数箇所でおきている。
朝一より気温と水温も上がり魚にもスイッチが入ったのかなと
淡い期待を抱いて「ライズ」目掛けてキャ~スト!
「ヒット~~」結構引きが強いしグリングリンと回転しながら抵抗してくる。これは「うふふ」っと、ほくそ笑みながら寄せてくると
「ありゃ~(T_T)」「ギン」・・・・「ん?」でも何か変、少しパーマークらしき物が???老眼のせいでも見間違いかな~。「ニジ」もどき?
その後釣果はあるものの、紛れも無い「ギン」ばかり。
ほんで気がつくと私の上下に餌釣り師が。「こりゃ駄目だ」
気持ちがすっかり萎えてしまったところで納竿することにしました。
最終日がこのような釣果は短い釣り歴で初めてだけど、これも釣りなんだと自分に言い聞かせた最終日でござんした。
皆さんの最終日は如何でした?
さてさて、そろそろ「ワカ」の準備でも始めようかな^_^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。