上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新がかなり重い話になる事をお許し願いたい。
義弟に(家内の弟)待望の第3子が授かったとの朗報を聞いてから
10ヶ月「そろそろだよね」と家内と話をしていたのだが、義弟からの連絡は
「死産だった」との思いもよらない電話であった。
わたしと家内は絶句してしまった。「なんで、なにがあったの?」
詳しい状況は分かりかねたが、もともと義弟の奥さんは体の弱い方であり
既に男の子を二人授かってはいるものの、そのときもかなり大変だったと聞く。「どうしても女の子がほしい」との希望もあり無理は承知での事ではあったが、まさかこの様な最悪の事態になるとは誰が考えただろう。
やさしい両親に望まれて生を頂いたはずなのに。両親の顔を見ることも無く
手を握りしめる事も無く、母親の温かい母乳を口にする事も出来ず、生まれて
直ぐに天へと召されてしまうとは、本人も思いもしなかっただろう。
そして、その子は望み通りの女の子だったのです。
義弟の奥さんは毎日毎日、自分を責めてるそうです。
子供達も状況が理解できず只々泣きじゃくる日々。
義弟もその様な状態で仕事も手につかないとか・・・・・
それでも最近やっと落ち着きを、少しではあるが取り戻してきているとか。
今週の土曜日には実家である久慈にて納骨を行う事になってはいるが
当日、義弟夫婦にどのように接したらいいのだろう。
やさしい言葉のひとつでも、励ましの言葉でも・・・・・
安易な言葉なんて、なんの救いにもならないかもしれませんね。

今回の事で改めて考えさせられるのは、いじめで自殺している子供達の事。
もっと自分の命を大切にしてほしい。いじめは嫌だし辛いのは十分過ぎる位理解できます。わたしの二人いる娘達もいじめにあっていましたから。
娘達は幸いな事に、私たち夫婦に相談してくれたし、私たちを心のよりどころに選んでくれたのも良かったのかもしれません。たいして力になれなかったと思いますが、それでも聞いてくれる人が身近にいた事で勇気付けられたのかもしれませんね。いまでは、いじめた本人と大の親友になったそうです。

辛いのは分かるから、その事で自らの命を絶つのはやめて!
生きていたくても生きてゆけない人もいるんだよ。
親の愛情を受ける事も無く死んでしまう赤ちゃんもいるんだよ。
かならず君たちの周りには君達の苦しみや痛みを分かってくれる人が
いるはずだよ。死を考える前にもう一度周りを見回してください。
それは親かもしれない、おじいちゃん、おばあちゃんかもしれない、友達かもしれない、先生かもしれない。
かならず、いますから。だから死に急がないで。

ひさしぶりの更新が取りとめの無い重い話になり申し訳ありませんでした。

管理人「つかボン」
スポンサーサイト
今シーズン初のドーム船に3日に行って来ました。
前日から遠足前日の子供状態になり興奮しっぱなし、夜になっても引きずり
一時間毎に目がさめる始末^^; 本当にいい歳してって爆笑されそう。
てな訳で、4時半には自宅を出てしまいました・・・・・
んで「あっと」言う間に現着(当たり前田のクラッカー)
仮眠でもと思っても寝れやしない。車の天井がガラス張りなので、時間まで
暫しの星空観察としゃれ込み事に。本当に満点の星空とはこの事なんだとちょいと感動。そう言えばこんなにユックリ夜空を見たなんて何年ぶりだろう。
こんな時間があっても良いよな~っと独り言。
どの位ボーっとしてたろうか、5時半過ぎる頃から車が1台2台と集まって来たが、それに伴いまたしてもテンションが上がってくる。
○々木さんも到着で、いよいよの気持ちが・・・・・・。
一年ぶりのドーム船「元気にしてたか~」っと心の中でのご挨拶して本日は右側に乗船。 さてどの穴にしようかな?私を読んでる穴はいないかな~っと
しばし考えたが何故か○所コーナーには誰も座ってない。
去年から少々気になる場所だったので、ここに決め!!!!
吉と出るか凶と出るかはワカ様次第ではあるが、穴も大事かな~と思う今日この頃であります。

バタバタしながらも、やっと準備完了。さてさてと仕掛けを投入。
ドキドキ。前日、前前日の方々は「モロコ」に苦しまされてたようなので
期待少々不安一杯である。 っと、穂先が「ビクビクビク」来た来た来たよ~
でもなんか引きが半端でない。今まで経験ない位の引き。
はやる気持ちを抑えながらリールを巻き上げる。
はたして顔をお出しになったのは、なんとシシャモを思わせるサイズのワカサギが2匹!!!!!!となりのご夫婦も仰天されておりましたが、釣った本人はもっとびっくりでがんした。その後もラッシュは無いものの飽きないくらい
の釣果があるので、先日手にした電動を使用する事に。
正直いって楽であります。右手首に持病を抱えてる私としては非常に助かるアイテムです。しかし今回の3年魚には悪戦苦闘。一匹であれば問題ないのだが
ビックサイズがダブルで掛かると少々悲鳴を上げておりました。
初めて使う電動だったのでなれてなかったからかも(*_*)
数は伸びなかったけど「モロコ」のトリプルに苦しむ事も無く、3年魚が9割
モロコも二匹にとどまり、今シーズお初にしては良い釣果と思われる76匹でありました。家に戻って家人に見せるとやはり仰天しておりましたが、
早速包丁を取り出し、はじめての刺身を賞味いたしました。「美味い」の一言ですし、ワカサギの刺身も初体験でした・・・・・・・・・・・その後三陸方面に行くのだが、次の日無理が祟ったのか発熱して完全にダウン(T_T) 歳はとりたくないと思いながら、機会があればまた行きたい。なぜって新鮮なヤリイカって
美味しいんだもの(^o^)丿  両Jさん、また行くときは声掛けて下さいね~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。