上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.24 どんぴしゃ!
最近の休日は家庭の事情もあり、洗濯や掃除に明け暮れてるし、仕事の疲れの所為か以前のように
釣れる時間帯に起きることができましぇ~ん
っと言うことで、久々の土曜日休みも重い腰をあげて、お昼過ぎからの釣行
行きつけの釣具店でお気に入りのスピナーを補充。店長のOさんに最近の河川状況を聞くも
どこも減水・渇水状態とか。
それを覚悟の上で、市内の某河川へ・・・・・やっぱり大減水です。
こうなればポイントは限られているので落ち込みの白泡があるとこを狙うしかありません。
普段は入ることの出来ない対岸へ。思いっきり白泡まで近づきスピナーをフリッピングで
キャスト?
20120623141718.jpg
右側のポイントでは反応なし(汗)
んで今度は左側のポイントに「ポトリ」「ゴンッ」来ました!結構引きます、飛びます。ヤマメ狙いでいたが
岩魚さんが
20120623141523.jpg
20センチ前半サイズでしたが、やり取りを楽しんで写真撮影
その後、真ん中の白泡からは20センチ弱のヤマメも出てきましたが、撮影する寸前にオートリリース
でも渇水で厳しい状況下、短時間釣行としては出来すぎかな?

タックル:佐藤忠雄「凛」・ブレットン(金)5グラム・カージナル3(復刻版)・ハイビジブル4lbでした
スポンサーサイト
日曜日、娘を勤め先に送った後、家人からお許しを頂戴して(汗)
久しぶりで雫石水系に向かう。
入る場所は以前、釣友のyuuさんに介助してもらいながら釣りしたところ。
坂道は新しく砂利が敷かれておりました。
愛車?を駐車スペースに止めて川を見ると既に餌釣り師さんが・・・・
声を掛けると「自分が来たとき、既にルアーマンと餌釣り師が数名いた」とか(大汗)
こりゃかなり厳しいかも~
餌釣り師さんに断りを入れ上流部に入渓。
手前から攻めるも反応なし(涙)
でも以前にyuuさんと来た時より水量が少ないので、今の私でも川の中ほどまで
立ち込めそうなので体と相談しながら危ない足取りで進む。
増水のせいで対岸にあったシェードが殆どなくなりポイントらしい箇所も限られてる感じ。
足元をしっかり固定して?いざ対岸のボサ下へなちょこキャスト(笑)
見事にボサの奥に着水。

続く・・・・・・(汗)

ルアーがスーッと沈んだ瞬間手応えが!!!!
心の準備が出来てなかったし、足元が踏ん張れない状態だったので
焦る汗る・・・・・
ロッドは流れの押しのせいもあり綺麗に弧を描いてる。
ロッドに心地よい感触・・・・・っとのんびりしてられん!
相手は走り回り下流の岩の陰に逃げ込む「やばい」
ラインが岩に擦れてるのがのが見える(汗)
一二歩前に出て強引に手前に寄せる。
魚影が見えて。ヤマメではない。岩魚の引きでもない。って事は「ニジマス」
悪戦苦闘しながら寄せるが、ここで「しまった」ネット忘れた(大汗)
走り回るニジマスをいなしながら岸へと向かうも汗だく。
下流で餌釣り師さんが「なにしてるん?」って感じの視線が感じられる(恥ず)
どうにか岸まで辿り着いてメジャーを当てると20センチ後半のサイズ。
やれやれである。

続く・・・・・
一息つきながら一服して下流を見ると例の釣り師さんも何やら良い形の魚を釣った様子。

さてさてと入渓し餌釣りさんの後を追うように釣り下がって行く。
大場所の岸際に遠投!
「ギャッ」根がかり?っと思ったら下流に向かってラインが走る。
ロッドがバットまで曲がるくらいの物凄い引きである。
「なんじゃーこれは!」相手は上流、下流とロッドを持ってかれるような走り。
いままで経験したことのない感じ。覚束無い足取りで私も移動する・・・・・「フッ」
バラシ・・・・・・

・・・・まっ、先行者がいたけどまずまず楽しめたから良しとしましょうか(笑)


相変わらずのピンボケ画像ですが・・・・(恥)
20120520124129.jpg
20120520114056.jpg
20120520113842.jpg

みなさん、ランディングネットとデジカメはお忘れなく(汗)
現在、諸般の事情でプー太郎の身・・・・・
家人には内緒でこっそりと市内を流れる河川の支流に。
ここは激戦区?ですが、ルアーのスイムテストでよく来る場所ですが
釣果の方はあんまり実績はないのです。
雪代の関係で増水気味
気分転換も兼ねていたのであんまり期待はしてませんでした。
案の定、反応は殆どなく時間ばかりが過ぎていく。
上記のような状況ではありますが、竿を振ってる時は現実を忘れられる・・・・
岸際をダウンで、今は無き「ラッキークラフト改」(ミノー5㎝に板おもりをつけた改造版)を
ゆっくり引きながらアクションをつけていると足元近くに来た時
岩の陰から黒い影が反応!!!!!
あわてず一旦ミノーをピックアップ。
再度同じラインを見せるようにトレースしたら「ゴンッ!」
久しぶりの感触!
ロッドも適度にしなる!
「ちょっと良型?」岸際から流芯に走る。「おっと、おっと!」
顔が知らずにほころんでいるのがわかる
少々のやり取りを楽しんだので岸際によせると良いサイズの岩魚
ネットを用意していなかったがフックはしっかり掛かっているようなので
何時もの様に「ごぼうぬき」
「おおっなかなかのサイズ!」
友人の44cmには敵わないけど28cmのスレンダーな岩魚でした。

誰に気兼ね無く釣りが出来るようになりたいよ~


20120421132950.jpg
今期お初がチビヤマメ・・・・・

20120415103235.jpg
今シーズン初の岩洞湖氷上!
色々な情報で駐車場は混み合うかもと、かなり早めの2時半に出発。
しかし途中のコンビニはそれらしい方々で一杯(汗)
まずは安全運転に心がけてコンビニを後に。
しかし私の運転が遅いからか5台の他県ナンバーの追い抜かれる。
そんなに急いで何処行くの?(岩洞湖?)
路面は所どころ凍結してるものの、いたって快適に走行できました。
小石川に到着。すでに駐車場は半分くらいの状態(大汗)
やはり半数は他県ナンバー。
「そんな所に駐車したら・・・・」てな車も!しかし注意する勇気のない小心は私(泣)
車内で時間つぶしをしてる脇で既に氷上に向かう方々。
少しはやくね!
っと思いながら、段取りの悪い私もテント設営、穴掘りを考慮し早めに氷上へ(照れ)

帰りのことも考えるとあんまり歩きたくないので駐車場から5分のエリアへ。
それでも息があがる、年のせい?
魚探もないし、ためし堀りも難儀なので感ピューターを働かせ?
「ここでいいや!」多分8~10mだろう・・・・(しかし5m)
たいした雪ではないが汗だく、穴掘り息が息が、腕が腕が・・・・・・・・
ワンタッチのテントのはずが・・・・・・・・・
釣りを始める前なのに既にへトヘト(大泣き)

続く・・・・・・

日にちがたつと記憶が。

さてそろそろ仕掛けの準備と「老眼鏡」をかけるが、曇って前が見えない。
なんとか仕掛けは付けたは良いが餌が餌が・・・・・
テント設営から餌つけまで、小一時間も掛かる手際の悪さ(泣)
どうにか準備も整ったら釣り開始のお約束の時間。
いざ挿入?投入!・・・・・・・・・・・
当たりが無い無い無い無い。
やっと今期お初の当たり!!!!!
爪楊枝サイズにガクッ。
その後はまずまずのサイズが釣れるものの、群れはなかなか来ない。
外は何やら賑やかになってきたので見てみるとテントの軍団。
6時半、突然ソーラー充電式のランタンが自動消灯!!!!!
真っ暗。「フル充電で10時間じゃなかったの」
これじゃ穂先の動きもあったもんじゃない。
しかたなく消光力の乏しいヘッドライトに・・・・・

またしても続く・・・・・・・


何だかんだで、「またしても続く」の後に東京出張があったりで完全に記憶が飛んでしまって
記事が・・・・・・

20120115wakasagi.jpg

これで勘弁してください(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。